活動


2020,08,07, Friday 傷ついたツバメの子


今朝、我が家に傷ついたツバメの子が来ました。空の電線や木々に仲間のツバメが数羽、上空からそのツバメを鳴きながら見守っていました。
そのツバメは何に襲われたのか左の羽が半分噛み切られていました。空を飛べないはずです。しかし、何時まで経っても去ろうとせずに空から仲間のツバメを心配して鳴き続けているツバメに接し、ツバメのやさしさを感じました。
片や「人間」、先月も東京で3歳の女児が母親に約1週間もほったらかしにされ餓死するという悲惨な事件がありました。人として考えられない事件です。この24歳の母親は、お母さんが17歳の時の子で、幼い時から母親に包丁で傷つけられ脅され、8歳の時、児童施設に入所し、高校を卒業した、即ち「負の連鎖」があった。今、7人に一人の子どもが貧困だそうです。そして母子家庭となるとその比率はもっと高いというデータが出ています。何としてもこの現実を解消し、全ての子供たちを、未来を支える若者・人となるよう育てる・学べる環境整備が必要です。
子供は親を選べません。私は香川県議会議員として、子ども達が置かれた環境に関わらず、育ち・学べ、未来を支える若者・人となれるような環境づくりに頑張らせて戴きます。
ご意見・ご提言等お申し付け下さい!!